ネット回線サポーター

インターネット初心者必見の回線ブログ

NTTドコモであったりYモバイルの違い

   

ワイモバイルにも通信方式の変更により

毎月毎月のデータ使用量が無制限となっている「ギガ放題」が有名ですが、WiMAX2+には「通常プラン」というのもラインナップされております。こちらの「通常プラン」の場合は、「データ使用量の最大値は7GB」と規定されています。

LTEについては、今までの3Gを「長期的に進化させたもの」ということで名付けられた通信規格で、何年か先に登場することになる4Gへの変更をスムーズに進める為のものです。そんな訳で、「3.9G」と言われることが一般的です。

このWEBページでは、「通信できるエリアが広いモバイルルーターをゲットしたい!」という方のお役に立つように、通信会社一社一社の通信提供エリアの広さをランキングの形式でご案内しています。

「速度制限なし」と謳っているのはWiMAXだけという印象をお持ちかと思いますが、ワイモバイルにも通信方式の変更により、速度制限が行われることなく使い続けられる「アドバンスモード」という特別なプランがあります。

WIMAXの「ギガ放題プラン」でしたら、1カ月毎のデータ通信量制限は設けられていませんし、キャッシュバックキャンペーンを最大限利用すれば、月額料金も4千円弱に抑制できますから、とってもおすすめできるプランだと思います。

「速度制限がなぜ実施されるのか?」と申しますと

「速度制限がなぜ実施されるのか?」と申しますと、通信用の回線に短い間にアクセスが集中する状態になると、そのエリアでモバイル機器を使用しているすべての契約者が、繋がりにくくなるとか速度が低下してしまうからなのです。

WiMAX2+というのは、平成25年に市場に投入されたモバイル通信回線サービスなのです。それまで主流だったWiMAXと比べてみましても、通信速度などが圧倒的に優れており、それぞれのプロバイダーが革新的なWiMAXとして、キャッシュバックキャンペーンなどを企画しながら販売しています。

プロバイダーによってキャッシュバックされる時期は違うのが普通です。現実に入金される日は何ヶ月か後という決まりになっていますので、そのような部分もチェックした上で、どのプロバイダーで買うのかを決定してください。

ポケットWiFiと申しますのは、1ヶ月に利用できる通信量とか電波の種類が違いますので、使用用途によって各々にマッチするモバイルWiFiルーターも異なってきます。

モバイルルーターにもいくつもの機種があるのですが、それらの中でもお気に入りランキングで、絶えず上位に並ぶのがWiMAXです。他のルーターと比較しましても回線速度が速いですし、一日に何時間もネットをする人には最適だと思います。

オプションということでお金は掛かりますが

オプションということでお金は掛かりますが、WiMAXのエリア圏外だとしても、高速を謳うLTE通信が使用可能な機種も販売されているので、実際のところこの機種さえ持っていれば、ほぼ日本の色んな所でモバイル通信が可能です。

「WiMAX又はWiMAX2+をゲットしたい」とおっしゃる方に注意してほしいのは、丁寧にプロバイダーを比較しませんと、20000~30000円ほどは余分なお金を支払うことになるということです。

モバイルWiFiをどれにするかを一ヶ月の料金だけで決定してしまうと、失敗することになると思いますので、その料金に焦点を当てながら、別途注意しなければならない事項について、明快に説明しております。

NTTドコモであったりYモバイルなら、3日間で1GBという通信量を超えることになると、決められた期間速度制限が実施されることになりますが、WiMAX(ノーリミットモード)でしたら、そういった制限はないのです。

WiMAXの通信提供エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だと公表されています。東京23区は言うまでもなく、日本各地の県庁所在地などにおいては、何一つ制約を受けることなくサービスが享受可能だと思っていただいてOKでしょう。

おすすめ記事

【1人暮らし最強の味方】WiMAX(ポケットWifi)が便利すぎる!

 - wimax