ネット回線サポーター

インターネット初心者必見の回線ブログ

月間の料金だけじゃなく下り速度が128kbps

   

ポケットWiFiと言いますのは

ポケットWiFiと言いますのは、携帯さながらに端末自体が基地局と繋がることになりますから、細かな配線などは要りませんし、フレッツ光であるとかADSLを契約した時みたいなネット接続工事も一切不要だと言えます。

ワイモバイルもその通信サービスエリアは広がりつつあり、山あいの地区であったり離島を除くエリアならだいたい使用できると言ってもいいでしょう。インターネットに4G回線を介して接続することができそうもない時は、3G回線利用で接続可能となっていますので、ある意味完璧です。

自分自身でWiMAXとワイモバイルという高評価の2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1か月間の料金などを比較してみたところ、上位機種における下り最大速度を除外したほぼすべての項目で、WiMAXの方が秀でていることがはっきりしました。

数カ月以内にWiMAXを購入するというつもりがあるなら、何度でも言いますがWiMAX2+のギガ放題にした方が賢明です。通信速度が速いのはもとより、WiMAXのモバイル通信可能エリア内でも使用可能ですから、とても重宝します。

NTTDoCoMo又はYモバイルにて規定のある「3日間で1GBまで」という制限ですが、1GBといいますのはPCで映像を視聴しますと、おおよそ2時間で達してしまい、あっという間に速度制限が掛かります。

月間の料金だけじゃなく

月間の料金だけじゃなく、回線の速度やキャッシュバックキャンペーンなども注視することが大切だと言えます。それらを意識して、只今高い評価を得ているモバイルルーターをランキング一覧にしてご案内させていただきます。

DoCoMoだったりワイモバイルに存在する速度制限がなされることになりますと、下り速度が128kbpsにまでダウンされることになるのですが、この速度ですと、少し長めのウェブサイトのトップページを開くというだけで、20~30秒は費やされることになります。

ご覧のページでは、「モバイル通信が可能なエリアが広いモバイルルーターが欲しい!」という方に役立つように、通信会社それぞれのモバイル通信が可能なエリアの広さをランキングの形にしてご案内しております。

WiMAXモバイルルーター自体は、持ち運びが簡単というコンセプトのもと製作された機器なので、鞄などに十分に入るサイズでありますが、使う時は前もって充電しておくことが不可欠です。

現時点での4Gというのは正当な4Gの規格とは違っており、日本国内においては今のところ公開されていないモバイル通信サービスだというわけです。その4Gの正式な市場投入までの橋渡し役としてスタートしたのがLTEというわけです。

こちらのサイトでは

こちらのサイトでは、それぞれにピッタリのモバイルルーターを選出いただけるように、それぞれのプロバイダーの月額料金や速度等を調査して、ランキング形式にてご案内させていただいております。

LTEと言いますのは、携帯電話だったりスマホなどで使用される新規の高速モバイル通信規格です。3G回線と4G回線の間に位置する規格ということもありまして、WiMAXと共々3.9Gに分類されています。

一般的なプロバイダーは、本家であるUQWiMAXから通信回線設備をレンタルするためのコストのみ負担すれば良いので、UQWiMAXと比較してみましても、その料金は割安であると言えるでしょう。

「WiMAXを最も安く不安なく使ってみたいと思っているけど、どのプロバイダーと契約した方がベストなのか皆目わからない」という人の為に、WiMAXのプロバイダーを比較した専用サイトを立ち上げましたので、是非目を通してみてください。

モバイルWiFiの分野において、ワイモバイルのポケットWiFiが価格破壊を引き起こしています。ワイモバイルの出現がなければ、このところのモバイルWiFi端末業界においての価格競争は起こらなかったと言えるでしょう。

おすすめ記事

【1人暮らし最強の味方】WiMAX(ポケットWifi)が便利すぎる!

 - wimax